第14回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品に選ばれました 20110128


Nagasaki Archive」が、第14回文化庁メディア芸術祭において審査委員会推薦作品に選ばれました。Nagasaki Archiveは、昨年の第13回文化庁メディア芸術祭で展示されていた「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」(審査委員会推薦作品)をご覧になった長崎出身の大瀬良亮さん、鳥巣智行さんから依頼を受けてスタートしたプロジェクトです。
フォトンはマッピングシステムを提供しています。引き続き、ナガサキ・アーカイブに協力するとともに、2011年8月6日に向け、ヒロシマ・アーカイブの取り組みを開始しています。

制作の背景はこちら (8/6に特集されたNBC長崎放送より)



説明ムービーはこちら



文化庁メディア芸術祭
国立新美術館(東京・六本木)
2011/2/2~2/13 入場無料