「東日本大震災アーカイブ」がグッドデザイン賞受賞&グッドデザイン・ベスト100に選出 20131001



東日本大震災直後の2011年3月から制作を進めてきた「東日本大震災アーカイブ」が、2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。また「グッドデザイン・ベスト100」にも選出され「グッドデザイン金賞」など特別賞の候補となっています。

今後の予定は以下のとおりです。
  • 10月30日(水)から11月4日(月休):受賞展[公開、会場:東京ミッドタウン]
  • 11月 3日(日)14:30~16:30:グッドデザイン・ベスト100デザイナーズプレゼンテーション
  • 11月 7日(木):特別賞発表 [プレス発表]
受賞についての審査員コメントを以下に転載します。
ネット社会に多く分散して存在する様々な震災の記録。その記録を記憶するために必要なアーカイブ。それは次世代へ災害からの教訓を伝えるために必要なものである。本企画は、震災アーカイブとして多くのデータを集め、そして多くの人々に見せるシステムとして表現力、技術力を持ち、同時に世界に類のない先進性を有し、評価された。
今回は、南三陸町長清水集落における証言のバイノーラル録音データや、写真データをご提供いただいた宮城大学中田千彦研究室との共同受賞です。その他、360度パノラマ画像を提供いただいた二宮章さん・古橋大地さん、証言データをご提供いただいた朝日新聞の奥山晶二郎さんほか、多数のメンバーがこのプロジェクトに参加しています。

また、今回の受賞対象には「東日本大震災ビッグデータワークショップ」の成果物である「震災ビッグデータの可視化プロジェクト」も含まれています。東京大学の早野龍五先生、NHKの村上圭子さん・山田一郎さん、さくらインターネット研究所の松本直人さんら、多数の研究者とのコラボレーションの成果です。


首都大の制作メンバーは渡邉英徳、太田裕介、佐々木遥子、野澤万里江、田島佳穂です。時間を掛けて取り組んできたことが認められ、本当に嬉しく思います。ご支援いただいたみなさまに感謝いたします。今後も資料の拡充を続けていく予定です。

今回の受賞で、「東日本大震災アーカイブ」の受賞歴は以下となりました。
  • 2013年度グッドデザイン賞およびグッドデザイン・ベスト100選出、2013年10月
  • Prix Ars Electronica 2013, Honorary Mention in Digital Communities Category, Sep. 2013
  • LODチャレンジJapan2012 最優秀賞(ビジュアライゼーション部門)および復興支援賞、2013年3月
  • 映像情報メディア学会誌2012年動画コンテンツ優秀賞,2013年3月
  • 東京デザイナーズウィーク2012 Design Next Award グランプリ,2012年11月
  • Mashup Awards 7 優秀賞およびsinsai.info賞,2011年12月